トンデモその5

散歩しながらふと「イタい」の反対語は何かと考えた。

すぐに「ズルい」という言葉が思い浮かんだ。

 

そもそもなぜそんな事を考えたのかというと、

少し前、長らく実家に放置していた本を処分したからだ。

 

その中に、80年代に華々しくデビューしたふたりの作家の小説があった。

 

なんとなく名前をググると、ひとりは政治系YouTuberのようなことをやっていた。

アレほど一世を風靡した人がずいぶん「イタい」感じになったものだ。

失礼だけど、そう思った。

 

もうひとりは大学教授になっていた。

なんだか対照的だ。

 

そこで考えたわけだ。

「イタい」の反対語はなんだろう?

 

人間失格」に、アントニムとシノニムを言い合って遊ぶ場面があった。

アントニムは対義語、シノニムは同義語。

 

中学のとき読んだきりでうろ覚えだけど、

それは辞書的正確さではなく、文学的面白さを競う遊びだ。

 

確か主人公は「罪と罰」がシノニムではなくアントニムであることに気づいて狂喜する。

 

そんな記憶も蘇りつつ俺の頭に「イタい」のアントニムとして浮かんだのが「ズルい」だった。

 

あくまで俺のイメージだが、「イタい」というのは、徒競走の途中で踊りだしてしまうような居心地が悪い感じ。

 

それに対して「ズルい」というのは、うまくショートカットして徒競走に勝ってしまうイメージだ。

 

いやもっと雑にいうと、前者の小説家には「もっと楽な人生もあったろうに」、後者には「うまくやったね」という感想を持っただけのことだ。

 

散歩しながらそんなことを考えて、そのあと自分を省みた。

 

俺ままさに徒競走で散歩している。

イタくもズルくもなくただ「ヌルい」。

 

しかしまあ、それも人生だ。