マダムX

20年前、「マダムX」というひとり芝居を書いた。

方向音痴の主婦が道に迷い、流転の末に野垂れ死ぬという物語。

主婦の死の場面で、「あとには何も残らなかった」という台詞を書いた。

(小説でいう地の文も台詞になっている芝居だった)

 

 

今日それを思い出して、書き直したくなった。

安易というかなんというか、今振り返ると甘い台詞に思える。

 

 

今ならどう書き直すかと考えて、2つの候補があがった。

 

 

「あとにはゴミのような後悔だけが残った」

「あとには薄汚れた罪悪感だけが残った」

 

しばらく考えたが、どちらがいいかは決められなかった。

 

上演する予定はまったくないが、「マダムX」の続編を書いてみたい気がしてきた。

「後悔」か「罪悪感」かはわからないが、主婦のゾンビがそういう感情に突き動かされてさまよう物語だ。

 

題名は「マダムⅪ」。

主婦のゾンビは分裂して11人いる。